SRCトップ主催:国際科学教育協会子どもの理科離れをなくす会 スペースロボットコンテストは今年で15周年
CLASSIC NEWS
ABOUT SRC_Classic

SRC_Classicとは

本コンテストは、ランドマークプロジェクトとして「宇宙開発ロボットを実際に作り宇宙で動くかを検証すること」を⽬標とし、2035 年⽕星有⼈探査計画を担うMars Generation 育成を図る。同時に宇宙開発はエネルギー、環境、生命、素材、食料など重要なすべての分野につながることから、あらゆる分野での人材育成にもつながる。一方スポーツや経済などを含め、科学を⽤いない職業は現代社会ではありえない。したがって科学を通して人間教育を⾏うことにより、社会が求めるあらゆる要素を持った人材育成の指標となる。このコンテストは、理系・文系にとらわれない現代社会に必須なGlobal Science & Communication スキルの絶対的評価を求めるためのものである。短い時間での問題発見力、解決力、行動力、集中力、決断力が求められるだけでなく、論理思考と現実的な数値調整、仮説と検証を実行できる見地が求められる。

SRC_Classic15 開催概要

JAXA講演会

『国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟の運用管制官』
11月3日(土)時間未定

JAXAフライトディレクタの高橋櫻子様にお越しいただき、『国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟の運用管制官』というテーマで講演会を行います。是非お越しください。

高橋櫻子様

 略歴

年度 出来事
1984年 鹿児島県生まれ
2009年 テキサス大学アーリントン校航空宇宙工学科卒
2012年 有人宇宙システム(株)
2013年 きぼう運用管制官(電気通信担当)
2016年 きぼう運用管制官(交信担当)
2017年 JAXA出向, JAXAきぼうフライトディレクタ
2018年 インクリメント56リードフライトディレクタ
大学時代、CanSat(空き缶衛星)コンテスト出場経験あり
Gallery

クリックで画像が拡大されます

Let's Challenge!
さあ挑戦してみよう!

大会にエントリー